男の臭いちんぽ口に含んで感じる、「ああ、今、私って尽くしている」感

 一昔前に比べれば、前戯にフェラチオを行うこともずいぶん一般的になったようですが、それでもまだまだ女性にとっては男のちんぽ口でくわえるだなんて、精神的に辛い部分もあるようです。オスの匂いを放ついきり立ったちんぽ。それをなめてしゃぶる。なかなかできることではありませんよね。

 とは言え、フェラチオの難易度が高いほど、満足度も高くなります。男の満足度もそうですが、女性にとっても「自分がこれだけ尽くしてやっている」と言う充足感が得られるはずです。だから、フェラチオの途中、女性が恨みのこもった視線をぶつけてきたって、それが必ずしも恨みばかりと言う訳では無いのではないでしょうか?

 外国人の美女が男のちんぽをフェラチオしています。大抵にこやかにフェラチオする日本人女性と違って、彼女はほとんど無表情でちんぽをしゃぶっています。でも決して拒むわけではありません。きっと彼女も今、内心では「この男に尽くしてやっているんだ」と言う満足感にひたっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です